プロフィール

ラピアン

Author:ラピアン
トイプードルのマーシャ(まー)&ユーリャ(ゆら)、ラフコリーのミリシュ(みる)&シルヴィ(ヴィっちゃん)の四姉妹わんこと暮らしています♪

最近の記事+コメント
カレンダー(月別アーカイブ)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
リンク
いくつになったの?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジ・ザ・トリミング!

気候がよく、天気にも恵まれたよい週末ですね。
それなのにラピアン家、ひきこもって何かしていますよ~

実はワタクシ、一度やってみたいことがあったんです。
先日ついに必要な道具も揃ったことだし、いざ、挑戦!
犠牲者協力者はマーシャです。


ビフォー
100801

100802


アフター
100803

わ、わかりますか?(ドキドキ)
上の写真の顔の長い子ではなく、マーシャの頭にご注目!

そうです、おうちカットに挑戦したんです。
写真では分かりづらいですが、全身をカットしてみました。
トリミングの練習などしたことがなく、自分の前髪ですら満足に切れない(←美容師さんに「今回は何とかごまかしましたが、もう自分で切らないでください」と言われた)くせに、思い切ったものです。
コリーズのブラッシングのために大型犬用のトリミングテーブルを購入したので、トイプードルズのカットも自分でできるんでは?と無謀なことを考えました。

大丈夫、どんなカリスマトリマーさんにも初めてはある!
失敗しても一ヶ月もすればまた伸びるんだし!!
と、迷惑なポジティブ精神を発揮し、初めてのチャレンジ相手には、比較的意思疎通のできるマーシャを選びました。

暴れて身を切っちゃったらどうしようと思ってたんですが、マーシャはおとなしくしていてくれました。
震えていましたけど…(--〆)。
きっと寒かったのよね!体の毛を短くしちゃったもの!!

緊張のマーシャ、途中から疲労のあまり(?)かくんかくんと舟をこぎだしました。
そういえばトリマーさんがトリミングの最中に寝るって言ってた…!
顔よりも体の毛を切るのが大変で、二時間くらいかかりました。
体にハートマークを浮き出させたかったんですけど、いざやると変な切り残しにしか見えません…。
カットが終わると疲労困憊で、マーシャともども昼寝をしちゃいました。

100804
ねむねむ

結論としては、一度自分でやってみてよかったと思います。
これで、どう切ればどんなふうになるのか少し分かったので、トリマーさんにカットの要望をお伝えしやすくなったかも(*^_^*)
もちろん、仕上がりのかわいさはプロにお願いしたのとは比べ物になりませんけど、自分でやったと思うとそれなりに愛おしく感じます♪
ワンコとのきずなも深まった気がしますよ!(錯覚?)

マーシャ、協力ありがとう。
でも、今日はどうして私の顔を見てそんなに激しく震えるの?
寒いのだろうと思って服を着せてみましたが…よほど怖かったのかもしれません((+_+))

にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マーシャの仔犬時代

ミリシュとシルヴィ、コリーズの仔犬はもちろんかわいいですが、どちらかと言うとカワイイ系よりキレイ系です。
かわいいというと、やはりトイプードル。
仔犬の頃のマーシャとユーリャは、それはそれはかわいかったのです。

ブログを始めた時、すでに大人になっていたまーゆらですので、仔犬時代の写真は私のPCにねむっているだけ。
ということで、親バカ全開ですが、まーゆらの仔犬時代の写真を載せちゃいます。
まずは、マーシャから。

mashya01
ブリーダーさん宅での写真

mashya02
パピコ様、お写真お借りしました♪

この写真に、一目惚れしたのです。くりくりした丸いお眼目が最高にかわいい!って思いました。
ブリーダーのパピコさん、神業的なお写真の腕前だと思います。

mashya03

生後二カ月で、我が家にお迎えしました。
当時の体重は760グラム。
小型犬を飼うのが初めてだった私には、とにかく小さくてか弱そうに感じられ、恐る恐るそ~っと扱ったものです。

mashya04

空港から連れて帰る時、バスケットの中のマーシャと目が合い、あまりの可憐さにドキッとしました。
その対面時のことは、今でも思い出すとドキドキするくらいです。

mashya05

マーシャはすごく人懐こくて、短い尻尾をぴちぴち振って寄ってきてくれました。
抱き癖もすでに付いていて、膝をよじ登ってきました。

mashya06

とにかく動きが早くて、寝ている時か眠い時の写真しか撮れませんでした。
このころは狼の子かと思うような食欲で、おなかも丈夫でしたので、とっても助かりました。

mashya07

今考えると、このころはカメラから顔をそむけなかったんですね。
でも一瞬たりともじっとしなかったので、写真のほとんどにはボケた茶色の毛玉が写っているだけです((+_+))
もっと早くにデジイチを買って、ちいさなマーシャの写真をいっぱい撮っておけばよかったと思います。
一生に一度しかない仔犬時代、短くてとても貴重ですね(*^_^*)


にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。