プロフィール

ラピアン

Author:ラピアン
トイプードルのマーシャ(まー)&ユーリャ(ゆら)、ラフコリーのミリシュ(みる)&シルヴィ(ヴィっちゃん)の四姉妹わんこと暮らしています♪

最近の記事+コメント
カレンダー(月別アーカイブ)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
リンク
いくつになったの?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィっちゃん

前記事で、ペットは癒やしにならない…と書いてますが、シルヴィはいわゆる「癒やし系」です
こんな犬、他に見たことがない!と母はいつも言います。



ヴィっちゃんの得意技…それは「ヴィっちゃんをなでるでしゅよ~」❗️
とにかくいくら撫でても満足するということがなく、際限なくねだります。



ねだり方は、前脚でちょんちょん。
撫でる手を止めるとひっかき、手に前脚をかけてアピール
撫でてもらうと目を閉じてうっとり



そしてこれが、延々と続きます。
人間が席を立つか、ヴィっちゃんが眠ってしまうまで、ず~っと。
うんともすんとも言わず、前脚ちょんちょん以外はお地蔵さんのように動かず、ひたすら撫で撫でを求め続ける



シルヴィの一日の活動の大半は、これに費やされております。
一歳までのヴィっちゃんは走るのが大好きな活発な子で、ミリシュやランディくんとよく遊んでいました
二歳を迎えた頃から「ヴィっちゃんはもうレディーでしゅ。オコサマとはあそばないでしゅよ」と気取りはじめました
今ではすっかり、おとなしいベタベタ抱っこ犬に。



家でまったり過ごしたいワタクシにとって、シルヴィはぴったりの相棒です
末っ子なこともあって、もうかわいくてしかたがない
「な~に、このかわいいアザラシ~❗️」なんて言いながら抱きしめております。



親バカ全開の日々です。
冬になり、脂肪ものってきて(笑)、ふかふかのゴマフアザラシ。
抱き心地は抜群です
スポンサーサイト

シルヴィの里帰り~姉妹編~

シルヴィのお里では、同胎の姉妹たちにも会うことができました♪
やっぱり、ヴィっちゃんに似てる~



ブルーマールがシエスタちゃん、トライがジャスミンちゃん。
ふたりともCH完成済み



横顔はシルヴィにそっくり。
特に鼻のあたりがちょっと反り返っているのが似てる



シエスタちゃん、ヴィっちゃんより小さくて、ピョンピョンしてました。
えへえへ系で、何をされても怒らないそうです。



ヴィっちゃんの明るさと温厚さは血筋なんですね~!
怒らないもんだから、ランディーくんに口説かれまくってました。



この↑いや~ん離して~な動きがヴィっちゃんと一緒



ジャスミンちゃんはすっかり夏毛で、ヴィっちゃんと争う貧毛っぷり



でも、お顔のタンが濃く、ママン譲りの頭部がきれい



人懐こく、ぴょこぴょこした姉妹でした



みんな愛されていて、幸せだね



ヴィっちゃん、初めてのお里帰りに緊張ぎみで、最初はヨダレだらだら



お里の広い山の運動場で遊ばせてもらい、ようやく落ち着いたみたい。



でもやっぱり、ミルねえたんがいいでしゅよ~!?
末っ子ヴィっちゃん、甘えたさんです



お里のママさんから、こんなステキな手作りリードまでいただいてしまいました。
ヴィっちゃんの幸せ者~

家族揃って会えるなんてよかったね
また行こうね、ヴィっちゃん。

シルヴィの里帰り~パパママ編~

今回の旅行の目的のひとつ。
それはシルヴィの里帰り♪
ヴィっちゃんは神奈川生まれですが、幼少時代の半分は犬舎のある山中湖で育ったのです。
山中湖には普段、パパ犬のバイロンくんがいます。
が、この時は、ママ犬と姉妹たち、そのオーナー(シルヴィのブリーダーさん)もちょうど滞在中!
家族揃ってご対面できました



右から、ママンのカスミちゃん、パパのバイロンくん、ヴィっちゃん。
パパもママンもモフモフでした…。
シルヴィの貧毛遺伝子はどこから??



バイロンくんはオレオレ系のマイペース、カスミちゃんはママ大好きタイプ。
ママさんにずっと甘えてました。



写真を撮る間も、背後を振り向いて甘えてる~!
ヴィっちゃんの甘えん坊はママンからの遺伝なのね



バイロンパパは9歳、けぶる霧のような美しいブルーの毛並みの持ち主。
貫禄充分で、漢という感じです。
ヴィっちゃんのおしりをさっそくチェックして、「それ娘だから!」と皆に止められました



カスミママンは黒がツヤツヤしてタンが濃い美人。
そして頭部がすごくきれいです



CCAナショナル(アメリカのコリークラブの展覧会)で、頭部のセミナーの講師さんから「この子が亡くなったら、頭蓋骨をください」と言われたそうです。
ず…頭蓋骨⁇と、ママさんびっくり(そりゃそうだ…)。



頭蓋骨を標本にしてセミナーで使うらしく、アメリカではわりと標本にしたりするそうです
ひょげえぇぇ。



現在8歳、ショーは現役で活躍中。
シニアになった犬とショーを続けるというのは、とても大変なことだと思います。
オスでもコンディションを保つのが難しいのに、何度も出産しているメスとなればなおさら。

ショーで評価される点というのは移り変わりが激しいので、5年前に勝てた犬が今も勝てるとは限りません。
まして10年前なら…。
でも、一頭の犬と共に長くショーに挑戦し続けるのは、単なる勝敗以上の価値があることだと思います
カスミママンには、これからもまだまだ活躍してほしいな♪

シルヴィはバイロンパパにとっても、カスミママンにとっても、最後の子どもになります。
受け継いだ大切な命、いっぱい幸せになろうね

末っ子ヴぃっちゃん♪
















我が家のゴマフアザラシ、小さなヴぃっちゃん。
末っ子として姉犬たちに面倒をみてもらい、カイヌシには猫かわいがりならぬ、アザラシかわいがりされ…。
結果、見事な末っ子気質に育ちました。

そっと寄ってきて前足でちょいちょいし、なでなでをねだるのがヴぃっちゃん流。
撫でるといつまでもその場から動かず、満足するまで撫でてもらいたがります。
まっすぐでかわいくて、ちょっとトロくて甘えん坊で…とっても癒し系なヴぃっちゃんです。

そんなヴぃっちゃん、何かあるとカイヌシに飛びついて「報告」します。
ドッグランで呼ぶと、遠くからぴょんぴょん跳んできて、「ヴぃっちゃん、たのしいでしゅ!うれしいでしゅ!」と笑顔全開で報告してくれます。
犬同士の喧嘩だったり、ミリシュに八つ当たりされたり、怖いことがあってもやっぱり報告にきます。
「ヴぃっちゃん、こわかったでしゅ!ミルねえたんがひどいでしゅ!たすけてでしゅ~」
すぐに頼ってくるところが、いかにも末っ子(笑)。

長女気質のマーシャは自分で解決しようとしますし、次女のユーリャは私を見ながら要求吠え。
三女のミリシュは真面目で気遣い屋、ギリギリまで我慢しようとします。
四者四様です。

でもやっぱり末っ子はかわいくて、ついついヴぃっちゃんを甘やかしてしまうカイヌシなのでした。
「な~に、このかわいいアザラシ~♪」とか言いながら、ムフムフ抱きしめてます(笑)。
実は一番のイタズラっ子で、トロくさいけど地味に悪さをするヴぃっちゃん。
盗み食いもNo.1なんですが、笑顔で得をしている末っ子です。




ヴィっちゃんでしゅ

ヴぃっちゃんでしゅ。
ヴぃっちゃんは、なながつに「いっさい」になったでしゅ。
りっぱな「ごまふあざらし」になれたでしゅか?

082604

ヴぃっちゃんのおたんじょうびには、「ぶろぐきじ」がなかったでしゅ。
ミルねえたんが、「ひどいでつ!みるが『こうぎ』してあげるでつ!」っていってるでしゅ。
「こうぎ」ってたのしいでしゅか?

082601

ヴぃっちゃんは、たのしいことがすきでしゅよ。
カイヌシが「プレゼント」をくれたでしゅ。
「ひまらやちーずすてぃっく」というおやつでしゅ。
かたいでしゅ…。

082602

でもおいしいでしゅよ。
ヴぃっちゃんはかじかじがすきでしゅ。
おやつもだいすきでしゅ。

082603

でも、いつもおなじごはんでしゅ。
おなじあじはあきるでしゅ。
ちがうごはんがたべたいでしゅよ!

「ヴぃっちゃんをよろしく」っていいなさいっていわれたでしゅ。
「よろしく」っておいしいでしゅか?





にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

美形はお得

ヴィっちゃんはきれいな犬。

041601

うちの母、こうして座っているヴィっちゃんを見て、「きれいやなぁ!しゃんとして見えるなぁ!!」とほめます。
この、きちんと揃えた白い前足がイイらしいです。

041602

顔もきりっとしていると言います。
そうかなぁ…。

041603

私には、ただボ~としているだけに見えますが。
ヴィっちゃんはこうして座って前足を持ち上げ、遠慮がちに「かまってアピール」をします。
おっとりした動作で、お客さまウケがよいです。

041604

コリーは「手入れが大変でしょ?」とよく聞かれるのですが、意外と楽。
オーバーコートは防水・防汚加工がされているような感じで、あまり汚れないんです。
しかも体臭も少なく、涎もないので、2ヶ月に一度のシャンプーでもきれいに見えます。

まーゆらなんて、二週間に一度はシャンプーしないと、汚れも匂いも気になるんですが。
トリミングに行かなければすぐにぼさぼさに見えるトイプーに比べ、ブラッシングをさぼってもばれにくいコリーズ。
怠け者のワタクシにはありがたい犬種です…。



にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

生後8ヶ月(シルヴィ)

なんだか1週間遅れの日記になっちゃってますが…12日に、ヴィっちゃんが生後8カ月になりました
気になる体重は…19.8キロ
ミリシュと一緒にいるので小さく見えますが、やはりコリー、それなりに育ってます。
肉付きはかなりしっかりしているので、あと1、2キロはやせてもいいかも(;一_一)

032001
ヴィっちゃんにはブルーのコサージュ

ちなみに、さらに気になるミリシュの体重は27.8キロでした。
体格が大きいので太ってはいないのですが、なんというか…。
人間でいえば、「標準」体型の「肥満ぎみ」寄りな感じです
「標準」ってすごく範囲が広いですよね?

032002
へんなのつけられたでしゅ!

ミリシュはあと2、3キロ落とした方がいいくらいだと思います。
が、ものすごい食欲…
すでに成犬用のフードを食べているのですが、「メンテナンス」とか「体重管理用」のフードにした方がいいのかも(;一_一)
今はフードに野菜スープをかけたり、お豆腐をトッピングしたりしてかさ増しに必死です

032003
カイヌシにつかまったでしゅ…

ヴィっちゃんはグルメで、とにかくいろいろ味を楽しみたいタイプ
隣の花が赤く見えるらしく、まーゆらのフードばかり狙っています。
同じものをヴィっちゃんの食器に入れてやっても、なぜか食べないのです
「お姉ちゃんの食器」に入っているご飯がおいしそうに見えるようです(--〆)

032004
ヴィっちゃん、かわいいでしゅか?

シルヴィ最大の謎は…何度教えても、おやつなしでは「フセ」ができないこと。
なんでやねん。。
「こんな犬、初めて見た!」と家族を驚愕させております
いや、先住紀州犬もできなかったよ…(←どうしても覚えなかった)。

032005
「フセ」ってなんでしゅか?

でも、ヴィっちゃんは指示に忠実で、分かれば従う子なのです。
「マテ」も得意で、動かずじっと待てます
ただ残念ながら、教えなくても勝手に覚えるタイプではなく…(;一_一)
例えば、部屋の外を指差して、「出ろ」とか「行け」と言った場合。
ミリシュやマーシャは意味が分かりますが、ユーリャとヴィっちゃんはぽか~ん
ヴィっちゃん、指先を見てすらいません((+_+))

032006
ヴィっちゃんは「おりこうさん」でしゅ

いやいやいやいや!
普通、指差して「行け」と言えば分かるやん!?
先住コリーなんて、母が「暑苦しいからあっち行って」とか「そこ邪魔やからどいて」とか、何を言っても言われたとおりにしてました。
犬に無茶を言うなぁ、と思うような母の独自コマンドもあったんですが

032007
カイヌシの指をしゃぶるヴィっちゃん

コリーと言えば、繊細で敏感、人間には友好的で優しいけれど、家族に忠実で警戒心あり。
教えなくても人間の気持ちを感じ取って勝手に覚え、指示にも従うけど自分で判断して行動する犬、というイメージだと思います。
ミリシュはイメージどおりのコリーらしいコリー
ヴィっちゃんは「ほんまにコリー?」と思うような新型コリー。
今流行りのハイブリッド??

032008
へんなものついてるでしゅ!(シルヴィ) ミルがとってあげるでつよ(ミリシュ)

でも、ミリシュはミリシュ。
シルヴィはシルヴィ。
ヴィっちゃんは周囲にかまわず指示に集中するので、ショーや訓練競技会には向いているのかもしれません。
(↑フセもできないのに…?)

032009
妹たちの様子を春用ベッドから見つめるまーゆら

おっとりとした性格で、お姉ちゃんたちに従順なヴィっちゃんは、まさに末っ子。
甘えたさんでかわいいです♪
ゆっくりした動きですが、着実にいたずらをするのもヴィっちゃん
叱られても懲りないんですよね…。

032010
まーゆらがふたりで寝られる大きさ

とりあえず、フセくらいは覚えてもらうようにがんばります
しかし…指差しが分からない子に、「行け」とか「出ろ」ってどうやって教えるのでしょう?
自分で勝手に覚えてくれたら楽なのになぁ…(;一_一)




にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ タイニープードルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

お水大好き

冬、それはコリーにとって快適な季節。

012501

あいかわらず、公園の小川に入って遊んでいます。
まったく寒くはないらしい。

012502

お水大好きなヴィっちゃん、さすがはゴマフアザラシです。
これ、コリーには結構珍しいんじゃないかと思います。
コリーって顔が濡れるのが嫌いな子が多いような…?

012503

ヴィっちゃんは平気で川に顔つっこんでますが。
最初はおそるおそる川に入っていたミリシュも、今ではシルヴィより先に跳びこむくらい川好きになりました。

012504

では、ヴィっちゃんの川越え写真をどうぞ。

012505
シルヴィ、いきま~す!

012506


012509


012510


012511


012512


012513

小さい川なのに、なんで一気にぴょんととび越えられないんだろう…。
やはり私に似てトロいのか(;一_一)
ヴィっちゃん、ばしゃばしゃ渡らはります。
それでも、ためらいなく川を越えるので、向こう岸にいる飼い主さんにはよく驚かれます。
水に入らない犬、きっと意外に多いんですねぇ。

これは人工の川だけど、いつか本物の川で遊ばせてあげたいです。
ヴィっちゃんを立派なゴマフアザラシに育てるべく、泳ぎを教えねば!(違)



↓ゴマフアザラシに応援のポチっをお願いします♪

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

生後6ヶ月(シルヴィ)

去る1月12日、シルヴィが生後6か月を迎えました。
前記事でミリシュがとてもコリーらしいと書きましたが、ヴィっちゃんは全く違う性格をしています。
あんたら、ほんまに同じコリーなん?と問いたくなります。

011701

シルヴィはおっとりマイペースで、懲りない性格。
叱られてもけろっとしているので、テーブルに足をかけたり盗み食いしたりという悪癖がなかなかなおりません。
神経は太めで、人みしりと犬みしりはなし。
おとなしいように見えて、嫌なことは嫌!とあんまり我慢せずに主張。
嬉しい時は尾の半分より先を振り、びょ~んと軽く飛びつきます。

011702

対するミリシュは、敏感でちょっとビビりで、従順。
叱るとすぐにやめますが、叱られるよりも先に、おずおずした態度で何かやらかしたことがバレます。
人間が大好きで人みしりと犬みしりはないけど、物音には警戒心あり。
嫌なことでも我慢して、抵抗せずに固まるタイプ。
嬉しい時は尾どころかお尻全体を振り、ばっこーんと人間を転ばす勢いで飛びつきます。

011703

ヴィっちゃんは甘えん坊で家の中で私について歩きますが、外では初対面の人のリードでもその人に注目して走ったりします。
ミリシュは家の中では私から離れて好きな場所で寝ていますが、外で知らない人について歩くことはありません。
心配そうに私をうかがいます。

011704

グルメで量より質なシルヴィと、食いしん坊で質より量なミリシュ。
退屈するといたずらするヴィっちゃん、退屈しなくてもとにかくしゃべるミリシュ。
本当に、対照的なふたり。
だからこそ、今のところ仲良くやれているのかもしれません。
かぶるところがないので、争う必要もないですものね。

011705

たぶん、ミリシュは家庭犬向き、シルヴィはショー向きの性格なんだと思います。
周囲を気にしないヴィッちゃんは、人や犬が多い場所でもハンドラーに集中できそう。
常に周りを見ているミリシュは、病人の息遣いがおかしいといったことにも気づいてくれそう。
どちらがよいかということではなく、向き不向きなんだと思います。

011706

マーシャとユーリャもぜんぜん性格が違うので、見ていて面白いです。
それぞれの個性を活かしつつ、居心地良く生活していけるようにしたいと思います。

ヴィっちゃん、2分の1歳、おめでとう。
いつのまにか大きくなって、ふかふかしてきたね。
これからも四姉妹が仲良く、楽しく暮らせますように。。



にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


危機一髪

今日、本当に危ない出来事がありました。
お散歩に出かけた公園で、ヴィっちゃんがいきなり他犬に襲われたのです。
お尻と尻尾をかまれました。
襲ってきた犬は、柴犬だと思われる茶色の和犬。
本当に一瞬の出来事でした。

公園を入ってすぐの植え込みのところで、男性が孫らしき子どもを連れていました。
木を見上げ、ドングリ拾いか何かをしているようでした。
その時、男性の背後の植え込みの陰から、柴犬の顔がのぞきました。
男性も子どもも完全に犬に背を向けていて、まさかそんなところに犬がいるとは思わなかった私は驚き、植え込みのとなりの舗装された道に移りました。

ミリシュとシルヴィは柴犬に気付いて挨拶しようと寄って行きかけましたが、私がリードを引いて制止したので、その場に立ち止まりました。
私はお友達の犬や、初めてでも友好的な犬とはなるべく犬同士で挨拶させるのですが、柴犬の飼い主は背を向けていましたし、そのまま通り過ぎようとしたのです。
そうしたら、こちらを見つめていた柴犬がとびかかってきて、近くにいたミリシュが飛びのきました。
柴犬は即座に標的を変え、逃げようとしたヴィっちゃんの上にのしかかってお尻にかみつきました。
ヴィっちゃんが悲鳴をあげて転がったので、お尻ははずれ、次は尻尾を噛まれました。
仰天した私は引き離そうとし、ヴィっちゃんは悲鳴をあげ続けるのに、柴犬は食いついたまま離そうとしません。
それでも必死に引き離し、ヴィっちゃんももがいて何とか逃れることができました。

本当に本当に、びっくりしました。
うちの犬と柴犬は、通常のリードでは届くはずもない距離が空いていたのに、いきなり距離を詰めて襲われたのです。
なんとその柴犬、伸縮リードでつながれていました。
飼い主は犬に背を向けたまま、伸縮リードのストッパーをかけていなかったのです。
ヴィっちゃんが二度目に尻尾を噛まれたのは、それが相手の犬のリードの限界だったから。
あわてて逃げるヴィっちゃんの尻尾にしか届かなかったからです。

動転した私がヴィっちゃんの怪我を調べている間に、相手の飼い主は一言もなく立ち去りました。
私も必死で、その時はそれどころではありませんでした。
襲われた場所の地面が濡れているのが見えたので、ヴィっちゃんが傷を負ったと思ったのです。
生臭い、いやな匂いもしました。
その光景を見ていたらしい通りすがりの男性が、「今噛まれていたけど、大丈夫でしたか!?」と声をかけてきてくれました。

幸い、ヴィっちゃんは流血するほどの怪我をしてはいませんでした。
コリーの被毛はとても分厚く、特に尻尾はふさふさなので、相手の牙がとどかなかったようです。
地面が濡れていたのは、ヴィっちゃんが恐怖のあまりお漏らしをしたから。
生臭い匂いは相手の犬のよだれの匂いで、お尻や尻尾によだれがついていました。
生魚みたいな匂いでした。
何度も何度も毛をかき分けて調べ、怪我をしていないと分かった時、本当にホッとしました。
声をかけてくださった男性に、「大丈夫です」と答えました。

後から冷静になって思い返すと、相手の飼い主が急いで立ち去ったのは、こういう騒ぎを起こすのが初めてではないからなのでしょう。
もしも初めてなら相手も驚くはずですが、シルヴィの悲鳴で振り向いても自分の犬を押さえようともしませんでしたし、はっきり噛みついて離さなかったにもかかわらず、私に謝ろうともしなかったのですから。
通りすがりの方まで心配して声をかけてくださったというのに、その飼い主からは一言もありませんでした。
もちろん、そういう飼い主だからこそ、犬も社会化されておらず、あんな行動に出るようになってしまったのでしょう。
唸り声も威嚇もなく、ヴィっちゃんのような仔犬にいきなり噛みついたのですから、相当に攻撃的な性格だと思われます。

相手の飼い主には怒りを覚えますが、相手の犬はむしろかわいそうな犬なのです。
適切な躾をしてもらえず、他の犬と上手に付き合うことができないのですから。
なにはともあれ、シルヴィに大きな怪我がなくて本当によかったです。
それに、声をかけてくださった方に感謝。
私はひどく動転していましたから、親切に声をかけていただいたのが心強く、少し落ち着くことができました。

そして、その時私が連れていたのがコリーズだったのは、不幸中の幸いでした。
連れていたのがマーシャやユーリャだったらと思うと、本当にぞっとします。
ヴィっちゃんは柴犬より少し小さい程度の体格だったからお尻や尻尾を噛まれたのですが、まーゆらなら首を噛まれて振りまわされていたかもしれません。
トイプードルの薄い被毛では相手の牙を防げるはずもありませんから、マーシャやユーリャが襲われていたら、怪我をしただけではすまなかったかも…。
考えたくもないことです。

とにかく恐ろしい思いをしましたし、ヴィっちゃんがトラウマで他犬が苦手になるのではと心配しましたが、幸いにもしばらく悲鳴を上げただけで落ち着き、そのあとに会ったいろいろなワンちゃんとも挨拶できました。
帰りにはお友達の柴犬にも会いましたが、同じ犬種だからと言って怖がる様子もありませんでした。
うちは多頭飼いですし、すでにたくさんのワンちゃんに遊んでもらっていた後の経験だったので、今回の件がトラウマにならずにすんだのでしょう。

ヴィっちゃんに大きな怪我がなくて、本当によかったです。
犬に背を向けて伸縮リードで野放しにするなんて言語道断ですが、こういう飼い主と犬もいるということで、皆さまもどうぞお気を付け下さい。
今日は天気も良かったし、本当はもっと楽しい記事を書きたかったのですが…。
こういう恐ろしい思いをする方が、これ以上増えませんように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。