プロフィール

ラピアン

Author:ラピアン
トイプードルのマーシャ(まー)&ユーリャ(ゆら)、ラフコリーのミリシュ(みる)&シルヴィ(ヴィっちゃん)の四姉妹わんこと暮らしています♪

最近の記事+コメント
カレンダー(月別アーカイブ)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
リンク
いくつになったの?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリシュの出産~一心同体~

初めての夜を迎えるミリシュと子犬たち。
立てば踏んづけ、座れば下敷き、歩く姿は…蹴散らしまくり



こんな危ないミリシュママと子犬たち、とても眼を離すなんてできません
ミリシュって、精神的には繊細で敏感、コリーらしい気遣いと優しさがあるのですが、動作はとっても大味
細かいことは気にしない、大雑把な動きをするんです。



立ち上がる度に子犬は放り出されてピーピー、寝転べは下敷きになって声すら聞こえず、動けば踏まれかけてピギャー…
どんだけアバウトなんでしょうか、ミリシュさん



MOAちゃんの慎重な動きを見習ってほしいものです。
ちゃんと、子犬を踏まないように気をつけていますよ



さて、そんなミリシュ親子に付き添い、子犬部屋のソファで寝ることになったワタクシ
お産前夜はミリシュも一緒にソファで寝ましたが、誕生後はそうもいかない…



って、アンタなんでここにいる
ミリシュ、ワタクシと一緒に寝る気まんまんです
嬉しそうに私の足に乗ってきます。



当然、放って行かれた子犬は泣きまくり
その声にソワソワするミリシュ…慌ててお産室に戻ります。
ひ~、踏む、潰される
ソファから超特急で駆けつけるワタクシ。
バラバラになった子犬をミリシュの毛の下から救出し、お腹に付けます



落ちついた頃を見計らい、ソファに戻って寝転ぶと…いそいそとやってくるミリシュ
ママを探す子犬のピーピー
あたふたと戻るミリシュ、またもや後を追うワタクシ。



MOAキッズも呆れて見ています

それを幾度か繰り返した時…ミリシュ、いいことを思いついたようです
カイヌシと一緒に寝たい、でも子犬を置いていけない…どうしよう
考えた末、ひらめいた



なんとワタクシの元に、子犬を持ってきました
それもね、首すじを咥えて…という、正しい運び方じゃないんです。
持ってきたとしか言いようのない、適当な咥え方
手とか足とか、とりあえず持ちやすいところを咥えています



ひょげえええええ
子犬の足でも折れたらどうする
飛び上がって駆けつけるワタクシ。
咥えられた子犬は泣きまくってもがいています



ひぃぃぃ
慌てて子犬を受け取り、ミリシュをお産室に戻しますが…ワタクシがそばを離れかけると、すかさず付いてくるミリシュ。
やっぱり嬉しそうに子犬を持参してます



このままでは、子犬の骨が折れちゃう
あんなに苦労して産んだのに、何かあったらどうするのよ~



もちろん、子犬まで一緒にソファで寝るわけにはいきません
ワタクシの下敷きになったら、それこそ死んでしまいます



こ、これは…
ゴクリ、と生唾を飲み込むワタクシ。
これは、やはりこの手しかないのか



なんとなく、予感はしていたんですよ、予感は。
こうするしかないかもって…
というわけでワタクシ、決意を固めまして



ここで寝ることにしました
ええ、ここ、お産室で

見てのとおり、お産室はミリシュが横になれる程度の長さ。
120センチ四方くらいでしょうか?
当然、160センチのワタクシが寝られる大きさではありません



↑おばちゃん、大丈夫?と言いたげなシェリちゃん。

しかし、他に手段を思いつきません
ワタクシ、ミリシュの傍に、体を丸めて寝転びました
腰と膝を曲げれば、どうにか寝られます。



ミリシュは満足そうに、頭をワタクシにくっつけてきました
子犬も手が届く位置にいます。
これなら、取りこぼれてもすぐにお腹に戻してやれます



窮屈だけど、ミリシュとくっついていられます。
そうしてワタクシ…ついにお産箱で一夜を明かしたのでした



結果から言えば、最良の選択だったと思います。
ミリシュは安心して寝てくれたし、子犬の回収や救出も寝ぼけながらできました
普通なら眠れないと思いますが、前日の寝不足と疲労がピークに達していたワタクシ、引きずりこまれるように寝落ちしました



MOAキッズのおトイレも、半分寝ながらお世話しましたよ~

そんなわけで、ミルっ子育児初日は、まさにワタクシも一心同体
とっても密度の濃い一夜でした
二度とはない夜、一緒に寝てよかったと心から思います



大切な子犬たち、あなたたちのために、ミリシュもカイヌシも、お里のママさんもがんばったよ
あなたたちの命は、たくさんの愛と祝福に支えられているんだよ。
だからどうか、元気に育って、立派になった姿を見せてね

ありったけの思いを、あなたたちに

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

>クッキー⭐️スカイさん

本当、危なっかしかったんですよ〜!
今は上達して、お里でちゃんと子育てしていますが。

いつかまた出産することがあったとしても、今度はミリシュも慣れているはずですので、この体験は一度だけ…のはずです(笑)。

なるほど‥ナルほど
何回も頷きながら拝見!!
辛そうだけど、楽しく読ませてもらいました。
こんな体験1回といわず
もう一度どうですか?
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。